高すぎる目標はいらない

取引環境を考える
09 /17 2017
こんにちわ。亀三です。

FXのトレードに限らず必要なものは目標や将来ビジョンという考え方が一般的であります。しかし、高すぎる目標は焦りやニアミスを発生させる原因となることがしばしばありますよね。

今日は

目標

に絞って考えてみます。

ツイッターやネット、皆さんのブログでよく見かける

億り人

例えば、亀三の様に10万円ぐらいの資金の人間が億り人になる過程などのシュミレーションが実際にネットには転がっています。ハイレバで複利運用で倍々ゲームを繰り返していく流れ。

例えば、バイナリーオプション(BO)で倍々ゲームを繰り返す。

そりゃね~いうことは簡単だが、やるのはそれなりのプレッシャーや受け入れるべきマイナス方向の現実。様々な要因があるはずです。それでシュミレーション通りに事が進むかといえば、だいたいの話100%あり得ないわけで。

世の中教科書通りにはいかない事なんて学校では教えませんが、社会では散々習っている人が多いはず。

小学生のころこんなことありませんでしたか?

先生『七夕祭りがあります。短冊に願い事を書いてみましょう~♬』
亀三『僕は電車の運転手になりたいんだ~だから電車の運転手にしてもらうお願いをする』
兎君『僕はカールルイスの様に短距離走の世界一になりたい。そしてカールルイスに勝ちたいんだ~♬』


無邪気ですね~

これ結構な良い例だと思ってます。

電車の運転手は努力次第で成ることは可能→現実可能な話

カールスイスを抜いて100M走の世界チャンピオン。→口に出した時点で100Mを9.7秒で走れないとカールルイスに勝つことは現実的に不可能。時間的な問題と自分の立場の問題。

149414.jpg


カールルイス

機械的には挑戦はできるかw

cbca9f559fbfe8461b55fa28da8ae540_13481.jpeg


そうなんです。億り人になった人たちの大半は、始めたころに億になろうなんて夢ぐらいにしか思っておらず、みんな苦労しながら、試行錯誤しながら、億った人が多いようです。

時間というものは過ぎ去っていくもの、人は成長と同時に老いていきます。

目標に対し現実可能なのか?不可能なのか?そこに存在するものは必要な時間の設定にあるのだと思います。自分のトレードを振り返ってどうですか?勝率・利益率など人それぞれにペースというものはあるってことも考えなければなりません。

じゃー、どうすんの?

小さい目標を積み重ねる。
①損切は最大でも○○P
②利確は○○P
③資金の〇%でトレードする
④数カ月はホールドする
などなど

やはり目標に対してのルール付けも必要ですね。

そして最大の課題である時間の問題これは人である以上時間は限られるものです。

さてあなたならどうししますか?

ここから先はあなたが決めるものだと亀三は思います。

スポンサーサイト

資金管理という名の盾

取引環境を考える
09 /06 2017
こんにちわ亀三です。

たまには真面目な話でもと思い、この記事を書きます。ですが、あくまでどこでも書いてある記事に近いといえば近いものです。期待せずに読んでいただければ幸いです。このブログの本来の目的は皆さんが利益を上げるための情報を配信することではなく、亀さんの自己満足のためと、読者の方々の何かヒントだとか、再確認だとかのお役に立てれば100点満点という目的を有しております。

 数量                利益金額
・1通貨                   1円
・1000通貨             1000円
・10000通貨           10000円
・100000通貨         100000円
・1000000通貨       1000000円
・10000000通貨     10000000円


はい~まずいきなりこんなことをしてみました~。

どうですか?お金がある奴ほど強いと思いますか?聖杯を持っていれば100万通貨でガンガン利益とって億なんてあっという間ですよね?ああ~~~~~お金欲しい!

では、こうやって書いたらどうでしょう?

 数量                損失金額
・1通貨                   1円
・1000通貨             1000円
・10000通貨           10000円
・100000通貨         100000円
・1000000通貨       1000000円
・10000000通貨     10000000円


怖くなりませんか?100pipsで1千万が飛ぶんですよ?


この言葉は亀三の金銭感覚から出た言葉です。

そう・・・・金銭感覚ってものすごく大事w

あなたの生活がどんな生活であるか?そこにも資金管理は必要です。それがいわゆる

余剰資金での投資

って言葉が生まれる根拠。

生活費を毎月削ってまでする必要はないんですよ?慌ててやったところで、いい結果はなかなか生まれません。

亀三は思います。

パチンコやスロットは正直な話仕組みがわかっていても損失を抑えることは難しいと思います。ですが、FXなどの投資には自分のスタイルで投資金額を調整できるということ。10000万通貨でも、100通貨でもできます。1ドル100円なら100円から。w

ということで、FXをギャンブル化したからでっかい失敗になったんだよ?ってとらえています。

亀三は最近ですが、利益を得ると損切何回できるかって考えたりします。スタートより資金を減らしたくないし、ゼロより上にいたいという気持ちが常にあります。だから、含み損は最大の敵です。含み益はある一定の数字に達すると逆指値で守ることができます。

ですが、含み損は『もしかしたら戻るかもしれない』という無用な期待から損を伸ばすことが多々あります。これ人間の心理の問題ですよね~。

大きな話でいうと、1000万の損切分で取引数量を10分の一に損切を10pipsにすれば10回損切できる。この10回の損切ってものすごく有利になった気がしませんか?

100万通貨×10トレード×マイナス10P=1000万円
1000万通貨×1トレード×マイナス10P=1000万円

これが、コントロールできるというFXの魅力なんですよ~だから資金管理って重要視されるんです。ある程度の経験した方々は無意識のうちにこれを繰り返し胸に刻み込まれているはずです。

10回トレードすれば1回ぐらい成功すんだろ



でいいと思います。余剰資金ですから、生活に影響はそこまでないはず。失敗しても、根本的には勿体ね~ことしたな~っともうぐらいで済みます。しかしながら大切なお金ですから、いっぺんに失いたくはありませんよねw

ごく一部には損切という概念がなくても成立してしまう投資が存在しますが、一般人ができる芸当ではありません。亀三がもし仮にその投資をするのであれば、10通貨でお試ししながらやっていくことになります。

最大の例でいうと

外貨積み立て定期預金

FXでは御法度ですが、『ナンピン』・『スカンピン』を繰り返し、取得平均を下げ利息を得る手法となります。長期投資としてはものすごく理想的なものなのかもしれませんが、実は為替変動による損失も時間がたつにつれてデカくなることに気づけないんですよね。経験者も多いかと思いますが、いわゆるナンピン地獄に陥ることも多々あります。

この手法の中にも、ロット数を上げていくことで損失額も利益額も大きくなる性質は変わりません。

一時的な感情に左右され、本来のスタイルを逸脱することはできる限り避けたいものです。

労せず収入をというキーワードは正しいのか?あり得ないのか?常に疑問形ですよねw

取引数量を上げれば増える速度も減る速度も上がり、取引数量を減らせば増える速度も減る速度も遅くなります。あなたに最適なスピードは?あなたの使っている手法の損切許容範囲は何pips?あなたの資金に対してあなたの損失許容金額は?

ある程度の経験値は必要ですが、こうやって考えると、おのずと取引数量とストレスのないトレード環境はできてくるはずです。

ただし!一言言っときます!

勝負している以上!勝てば官軍、負ければ賊軍!

さ~あなたはどう考えますか?
ギャンブル?
投資?
投機?
投棄?(お金捨てるの?馬鹿なの?)


FXのブログって

取引環境を考える
08 /17 2017
おはようございます。亀三です。

さて本日のお題は

『うまい人についていくのはいいけれど』

ってことで。

ま~10数年ブログ書きながら、FXを趣味的な感じでやり続けている亀三ですが、いろいろなことに遭遇します。なんせ10数年ですからね~www

んでツイッターやブログのメールをいただいたり、様々なことが亀三の身の回りではよく起きます。

これね、一番多いパターンは『儲かる詐欺に引っかかった』と『誰誰のトレードの真似をしてみたら負けた』等の愚痴や文句の話が多いかな~(亀三の周りの話ですよ)

ま~ね、世の中いろいろなお金の稼ぎ方があるので、ネット上での情報って意外や意外嘘や作り話が多いのも事実。確かにうまく行かない手法を研究することは素晴らしく勉強になります。

有料の情報の中にはとんでもなく有益な情報が転がっています。しかし、それを覆い隠すように金儲け目的の手法の売りつけや知ったかの情報、ただ書籍をまとめただけの理論。こんなものが実際にゴロゴロしているわけで・・・・。

亀三もツイッターで気づくことはいっぱいあります。手法やトレードポイントもそうなんですが・・・・

物凄くトレードがうまいな~と思うけど、実はそれが餌で実際のところアフィリ目的のサブ垢だったりして、気づいた時には笑ってしまう結果だったりこれがもう私の中では大ウケw

ただね!一つ言えることは

勉強しといて損はない

皆さんうまく行ってない人ってたいていの場合いろいろな手法を調べて実践して、失敗して、また新しい手法へひっかえとっかえで手を変え品を変え結果が出ない人が多いと思います。

詳しくは取引環境を考えるの1~3あたりをお読みください。

亀三もその口でしたwwwwwww

例えば、

①ローソク足が何だかわかってなければチャートは見れないですよね?ローソク足を知りましょう。
②移動平均線が何だかわからなければ、ただの線ですね。移動平均線を知りましょう。
③MACDが何だかわからない?表示する必要がありません。

これだけでも、上記3種が分からない人は地図を持っていても地図が読めない人の典型ですよね。

あなたは山でクマに遭遇し無心で走って逃げました。命からがら逃げきったあなた。しかし、あまりに無心すぎてたどり着いたところは全く見たことのない景色が広がっています。あなたは何をヒントに山を下山しますか?

そう、なんでもいいんですよ?

太陽の方向で方角を見る。
川があるので下流に向かってみる。

この2点はよく映画でも出てきますよねwww

さて、そこに決定打の地図があればもう勝ったも同然ですね。とにかく山を下りる最短ルートへ向かえばいいのです。


ところが、うまく行かない人は地図を変え、ルートを変えまた迷っては戻っての繰り返し。いつまでたっても山を下りれません。山を下りているはずなのに上り坂を登っていることに違和感を感じ戻る。下っているのに目指していた太陽の方向が背中に来てしまいまた戻る。

そう・・・ここなんです。迷いってのはいろいろな概念が混ざり合って迷いが出るのです。

移動平均線を知っているから、MACDを知っているから、ボリンジャーバンドを知っているから、だから迷うのです。

だから、どんなに凄腕のトレーダーが周りにいたとしても、その手法を理解できていなければまず勝つことはできません。山の中でこれだけ揃ったヒントがあったとしても、理解しながら進んでいかなければ山は下りることができません。

うまく行っていない皆さん?(亀三はうまく行ってる側の人間ではございません)

そろそろ地図を一つだけにしてその地図をうまく使ってみませんか?うまく行けば曲がり角がない地図に巡り合えるかもしれませんねw地図は道案内が目的ですが・・・・・それがもしかしたら、ゴールかもしれませんよw

取引環境を考える⑦

取引環境を考える
07 /16 2017
こんにちわ。亀三です。

昨日は専業と兼業について好き勝手書きましたが、専業の方々の気を悪くしてなければいいな~なんて思ってます。

さて今日は時間という考え方を書いてみます

※いつも読んでいただいてる方には申し訳ないのですが、亀三の記事は必ず正しいというものではなく、個人的見解を書き綴るだけのものですので、多々ご意見・ご感想があるかと思いますがそこはグッと堪えてお読みいただけると幸いです。むしろ、突っ込みどころ満載の亀三ですので、笑い飛ばしてやってくださいw

さ~では、一例として亀三の年間~1日までのスケジュールを書いてみましょう。

定義→亀三は兼業トレーダーです

では、年間スケジュールです

1月1日~第1水曜日まで    正月休み
5月ゴールデンウィーク      3日+2日(有給扱い)を店の営業に合わせてバラけてとる。
6月社員研修            おおよそ中旬5泊6日
8月お盆休み            世間一般のお盆休みに合わせるか営業のため、バラけて5日
12月年末年始           おおよそ最終火曜日が大掃除~1月1日へ
定休日                毎週水曜日+第1・第3火曜日

合計すると100日はないかな~ってところですかね

月間スケジュールは省略です。特にその情報はいらないと思いますw

週間スケジュール
月曜日 出勤
火曜日 出勤(隔週)
水曜日 定休日(6割ゴルフw)
木曜日 出勤
金曜日 出勤
土曜日 出勤
日曜日 出勤

1日のスケジュール
朝6:30     起床
朝7:30     会社へ出発
朝9:00     開店
昼13:00頃   昼食(女性事務員優先wレディーファースト(?)
夜19:00    閉店
夜20:00    帰宅
夜20:30    PCの前へ
夜12:00~  寝るか・反るか・喋るかw

こんな感じで生活しているのですが、じゃ~仕事のある日はトレードはどの程度やっているのか?
仕事中でも見れるときはチャートを見ています。例えばたばこ休憩の時、昼食時、車移動の渋滞時。

トレードはできる限りしないようにしてます。万が一の対応ができない事と運転中に携帯は結構危険www
客との待ち合わせで早く着いた時が実は一番集中できる。

一時期はモバイルノートとポケットWi-Fiを仕事で使っていて鞄が重たくなってね~wwwそのついでにチャート開いてライン書いたりしてました。トレードはなかなかチャンスに巡り合わないことが多いですね。

でもちょっとした時間チャートを眺めながら線を引いてみる。これが結構トレーニングになるんですよ。短時間で相場の節目を見つけてエントリーに備えるってのは結構役に立つもんです。いざその場に自分が居なければエントリーできませんが、その流れは基本的に変わらないと思いたいですね。

うまく行けばそのラインをそのまま夜に持越してうまく行くことが多いですしw

よく時間がないとか、チャートを一日見たいという兼業のトレーダーの方がいますが、私も同じことを思います。だって『ここで跳ねる!』・『ここで跳ね返る』って思っていながら仕事で見ていないわけですからねw

チャンスを察知してみすみす逃すって思いがちです。

では、一日チャートを見ていたとしたらどうなんでしょ?本当に勝ちまくる経験何度しました?振り返ってみてください。ポジポジ病で良くてトントンに持ち込めたとかじゃないですかね?亀三もそうなんでwwww(俺だけかもしれない・・・)

結局のところ、一日のトレードチャンスなんてそんなにあるわけじゃないんだろうし、天井売り・大底買いのタイミングは一日の中で2回だけ。なんですwwww

ですが・・・・人間の欲とは面白いもので日足一本の動きを何十個もの波に捉えて往復で回転率を上げようとするんです。これがまた、短期トレードだから損切りも浅めで・・・・

はい!損切貧乏~

さて、利益が乗ってきました自分の満足ポイントまであと10Pで利確しようとします・・・・ん~~~~~届かない・・・・まさか・・・・反転ポイントはこの辺なのか?・・・・疑心暗鬼・・・・・ここから落ちるなら・・・・・・えい!利益確定~
ん?(。´・ω・)ん?あれ?・・・・・そうあなたが利益を確定した後グングン伸びる伸びる~♬目標なんて何のその~あっという間に目標から遥か彼方に飛んでいきます。

はい!チキン利確!

一日チャートにかじりついてもなかなかメンタルが必要なんですよねw


では、どんなスタイルが理想なのか?

そんなもん自分で作り上げろ!

仕事が忙しい?貴方は本当に頑張って仕事を終わらせようしてますか?終わったらどお?

休みがない?休みが取れるように頑張ってますか?

FXがしたい?FXができる余裕を作ってますか?


あの人が言ってましたよ?

『FXがしたいがためにかえって家族や仕事をおろそかにしていませんか?』

本当にその通りです。振り返ってみてください。ポンド円は5分で30Pも50Pも動く通貨です。そんなところだけ取っていれば、トレード時間なんて1時間で足りますよね?

そう!時間は得るものではなく自分で作るものだと思います。

取引環境を考える⑥

取引環境を考える
07 /11 2017
こんにちわ。亀三です。

今日は専業と兼業

について考えてみます。(まとまるか分かりませんw)

専業か兼業か?ってFXや株をやっていれば持ち上がったり、夢を見たりするでしょう。亀三も一般のサラリー族ですが、思い通りにお金が稼げるわけでもなく、むしろ生活するために仕事をしているという気持ちは少なからずあります。

そりゃそうですよね~wどんなに売り上げを上げても組織に吸収され実入りは実際の持って帰ってきたお金より減って返ってくるわけですからねw当たり前のことですがwww

これが独立して1人の会社であれば入ってきたものはすべて自分の実入りとなります。
(あくまで単純にとらえたもので税金だとかは考慮しません)

ようするに独立して今のような仕事ができれば自分にくるお金は増えるっちゅうことですわ。


じゃあ、FXや株はどうか?これは頑張って勝っていれば掛け金を大きくして安定すれば、人間相手の感情での仕事にはならないので心の負担はかなりなくなりますし、楽だろうな~~~なんて考えたりします。

しかしながら、これもまた専業は専業でトレードが仕事になるわけですから、勝った負けたのストレスはかなりのものだと思います。それにつけて、負け続ければ生活できません。兼業であれば安定した給料が確保されていますので、余剰資金というものでトレードができます。そのお金が溶けたとしても日常生活には大きな影響が出ないと思われますw

(亀三はプータローでパチプロみたいな時期はありましたが、専業というほどのものでもないですが、給料ないのは不安でしたね)

この違いは大きいと思います。

負けたら最後です。それが専業トレーダーです。

いや~怖い怖いwwwwぬるいやつだと思ってるでしょ?

亀三は専業トレーダーがどんな生活感で生活しているか?一か月いくら稼いでいくら残していくら使って生活しているかはわかりませんが・・・・・。想像を絶しますw

ということで、頭の中で夢を描いている亀三でした~テヘ

一匹狼は漢のロマンw

img_1.jpg

亀 三

2017年はサンキューの年になります。
東京の下町に生まれ育ち、院卒という学歴がなんの役にも立たず、むしろネタにされる人生w10年以上の投資経験がありますが、生涯マイナストレーダー。賃貸管理の仕事をしています。入居してから退去するまでが私とのお付き合いの期間です。