取引環境を考える⑥

取引環境を考える
07 /11 2017
こんにちわ。亀三です。

今日は専業と兼業

について考えてみます。(まとまるか分かりませんw)

専業か兼業か?ってFXや株をやっていれば持ち上がったり、夢を見たりするでしょう。亀三も一般のサラリー族ですが、思い通りにお金が稼げるわけでもなく、むしろ生活するために仕事をしているという気持ちは少なからずあります。

そりゃそうですよね~wどんなに売り上げを上げても組織に吸収され実入りは実際の持って帰ってきたお金より減って返ってくるわけですからねw当たり前のことですがwww

これが独立して1人の会社であれば入ってきたものはすべて自分の実入りとなります。
(あくまで単純にとらえたもので税金だとかは考慮しません)

ようするに独立して今のような仕事ができれば自分にくるお金は増えるっちゅうことですわ。


じゃあ、FXや株はどうか?これは頑張って勝っていれば掛け金を大きくして安定すれば、人間相手の感情での仕事にはならないので心の負担はかなりなくなりますし、楽だろうな~~~なんて考えたりします。

しかしながら、これもまた専業は専業でトレードが仕事になるわけですから、勝った負けたのストレスはかなりのものだと思います。それにつけて、負け続ければ生活できません。兼業であれば安定した給料が確保されていますので、余剰資金というものでトレードができます。そのお金が溶けたとしても日常生活には大きな影響が出ないと思われますw

(亀三はプータローでパチプロみたいな時期はありましたが、専業というほどのものでもないですが、給料ないのは不安でしたね)

この違いは大きいと思います。

負けたら最後です。それが専業トレーダーです。

いや~怖い怖いwwwwぬるいやつだと思ってるでしょ?

亀三は専業トレーダーがどんな生活感で生活しているか?一か月いくら稼いでいくら残していくら使って生活しているかはわかりませんが・・・・・。想像を絶しますw

ということで、頭の中で夢を描いている亀三でした~テヘ

一匹狼は漢のロマンw

img_1.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亀 三

2017年はサンキューの年になります。
東京の下町に生まれ育ち、院卒という学歴がなんの役にも立たず、むしろネタにされる人生w10年以上の投資経験がありますが、生涯マイナストレーダー。賃貸管理の仕事をしています。入居してから退去するまでが私とのお付き合いの期間です。